甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳

甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この連休はマッタリ甲武信ヶ岳の予定でしたが、急遽予定を変更してチャレンジしたかった南ア甲斐駒&仙丈へ。

甲府4:00のバスに乗るため0:00頃甲府に到着し人生初ステーションビバーク。
慣れないステビで甲府という大きな駅のため、人は通るわ救急車は来るわで1時間ほどしか眠れず、3時過ぎにバス停に並びます。同じザックの同色の人がいるな。初めて見た。
3時半を過ぎるとどこからともなく人が集まり、バス2台に立ち乗り乗車までいる始末。自分は座れましたが立ち乗りの人は2時間立ちっぱ・・・。山梨交通さん、読みが甘かったようですね。

広河原では7~8割くらいの人が北沢峠行きのバスに並んでます。
北岳がいろいろ先日の台風の影響のためか、登る人が少ないように思えます。
人が大量に押し寄せている北沢峠行きのバスは時間前倒しでどんどん発車してます。臨機応変な対応、南アルプス市営バスGJ!

北沢峠に着くと北沢駒仙小屋のテン場確保に急ぎます。
前日泊の人がかなりいっぱいでしたが川沿いのスペースを確保。早速テントを設営し朝ごはん。
バス降りて10分でテント場なので、ビールなんかは持ち込めますね。登山装備とは別にBBQセットみたいなのを持ち込んでるグループも多かったんじゃないでしょうか。





ザックに雨具、防寒具、食料、クッカー&バーナー、水を詰め込み軽荷になってまずは甲斐駒ケ岳へ7:40出発!

沢沿いから岩地帯を抜けると仙水峠。ここで初めて甲斐駒とご対面。
しかしテンションの上がりとは裏腹に眠い&腹減った。。。
駒津峰に到着まえからお腹がぐううぅぅぅと鳴ってたので駒津峰でラーメンを作ってやや早い昼食。
ここから頂上手前の直登巻き道分岐までは登山道が1本しかないうえに行き違いがしにくい。前日泊の早出組が下山してくるのと重なり渋滞しました。
渋滞しながら後ろの女性と「混んでますねぇ」と。その後ろの男性が帰りのバスの時間を気にしてました。分岐では最初巻き道を選んだんですが、3歩進んでやっぱ直登コースに変更。花崗岩の岩を登ります。
登り始めてすぐ、さっきの男性がバテてたのでお先に~。さっきの女性ははるか上に。

直登なので登り切ればそこは頂上!
頂上まではコースタイムくらいのペースでした。
写真撮りまくってザックを下ろしたら隣にさっきの女性。「ザックが同じなんですよ~」「あ、甲府駅の!」で始まってしばし談話。
甲斐駒ケ岳~早川尾根~鳳凰三山~青木鉱泉へ3泊4日らしい。若いのに1人ですごいなぁ。

下りは巻き道~摩利支天~駒津峰~双児山~北沢峠。苦手な微妙なアップダウンと双児山からの下りは急でスネやヒザに来ちゃうので「下りきったら明日の上りは大丈夫かなぁ」なんて心配しちゃう。
時間もかなり掛かってしまったような。
16時テント場に戻る。

眠くてビール1本飲んだら着替えもせず30分爆睡。
今回初めてつかう尾西のアルファ米で晩飯を食らうとアラームをセットしてまた爆睡。
星を写真に撮りたかったので3時起きで写真を撮って4時には出発したいなと思ってたけど、iPhoneの機嫌が悪く、電源を切ってたのに勝手に付いて時計オンオフを1分おきに繰り返し、あっという間に電池がなくなりアラームが鳴りませんでした。
でも一度1時頃に目が覚めて空を見るとまだ月明かりが出ていたので、2時間寝ようとしたがそんな器用なことができるはずもなく、次に起きたのが5時。。。
ガバッと起きて辛うじて出ていた星を撮りながらどら焼きとコーヒーを流し込み、仙丈ケ岳に向け5:30出発。
テント出しっぱなしって楽ですね!

寒いので上着着て登ってるとやっぱり暑い。上着なしで森林限界を超えると風が強くなってまた上着を着る。
小仙丈ケ岳に着いたころには鼻水を持っていかれるほどの強風になってました。
しかし仙丈ケ岳、カールが美しい。と同時にカールを駆け上がってくる風と戦うハメに。
頂上には8:30着。コースタイムより1時間ほど早いです。そして頂上は意外にもあまり広くなく、特に西側から超冷たい風が吹いてくるので東側でラーメン作ろうと思ったらテントに置き忘れとるがな。。。
熱いコーヒーだけ飲んで撤退!

上りはダラ~っと登ってきたので楽に登れました。昨日の筋肉痛もないようでよかった。
下り始めると頂上直下の美しいカールや沢沿いにある凍りついた滝など、周りの景色よりも仙丈ケ岳にある自然に魅了されます。
しかし最後の下りはやはり急な感じ。北沢峠って随分谷間にあるんだなと実感しました。
11:50北沢峠着。
13:05のバスに間に合いそうだと思ったら、時刻表関係なく、人数集まったらバスは出発してるようでした。
しかし13:05までに乗らないと広河原からのバスに接続できない可能性があるので、そそくさとテント撤収。
その間に川で冷やしていた(第3の)ビールをぐびぐびっと飲みます。至福のひととき。

帰りの風呂は芦安近辺で入って山の神から次のバスに乗れば行けるんだろうが、なんか面倒くさくなって甲府駅まで行った。一応甲府駅徒歩圏の風呂に入れるとこもチェックしてたんだけど徒歩10分とかでこれも面倒になってスルーしました。
体は多少拭いてるけど髪は油ギッシュなので電車の中でも帽子はかぶったまま帰宅w

念願だった甲斐駒ケ岳。体調不順できつかったけど、その分満足感がありました。
二日目の仙丈ケ岳。二本の登山道は対照的で飽きません。山自体が美しく感じる素晴らしい山でした。これから登山をやってみたい方にオススメできる3000m超えですね。
ただバス乗り継ぐというアクセスの悪さがなかなか来なかった理由です。自家用車で来てもマイカー規制なのでバス2本乗り継ぎです。
あ、自分は今年、富士山以外で初3000m超えでした。
今回は両日とも頂上からのパノラマを楽しめたのでよかったです。1人で行くと晴れる確率高いなぁ。






スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/31(水) 10:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/11(月) 09:58 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/19(土) 22:30 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/22(火) 04:09 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/25(金) 20:22 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/27(日) 19:53 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/20(水) 11:21 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/24(日) 09:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://delicogpl.blog8.fc2.com/tb.php/583-86cdc429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この連休はマッタリ甲武信ヶ岳の予定でしたが、急遽予定を変更してチャレンジしたかった南ア甲斐駒&仙丈へ。甲府4:00のバスに乗るため0:00頃甲府に到着し人生初ステーションビバー...
2012/05/02(水) 17:35:00 | まとめwoネタ速neo
管理人の承認後に表示されます
2012/11/20(火) 13:20:22 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。