北八ヶ岳

北八ヶ岳 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

当初はピラタスロープウェイから入って双子池でテン泊、麦草峠に抜ける予定でしたが、電車バスで行くと帰りに寄れる温泉がねええええっ!ってことで、ゴールを渋の湯に変更。
1泊2日コースだと麦草峠スタートでいいかな。


朝、家を出て中央本線でちんたら茅野まで。
茅野駅からバス1時間ほどで麦草峠(2127m)へ。
天気は曇り。。。めちゃ涼しいです。



麦草峠~白駒池周辺は観光客の方も多く、スタートが遅いこともあってテン泊用デカザックを背負ってる自分は浮いてましたねw

にゅう手前までは噂どおりコケの世界でした。
標高差も少なく、ほいほい歩いてにゅうに到着。
なんとか蓼科山まで見える程度の視界。
南側は目の前の丘くらいしか見えませんでした。

にゅうから中山峠を目指してる途中で硫黄岳の爆裂火口痕らしきが見えたような、違うような。。。

スタートから3時間半ほどで黒百合ヒュッテ到着です。
景色も堪能できず、気温も低く、汗もそんなにかいてないんですが、「生」の誘惑には負けますw
700円。山の中では普通か若干安いかな。

テント場は平地で快適です。
パレットを2枚並べてその上にテントを張りました。
たまたま水が涸れてたとのことでしたが、小屋受付前に飲料水が用意されてました。
トイレはすごくキレイ。数少ない自分が利用した小屋の中では硫黄岳山荘に次ぐキレイさだったのでは。

夕食は米を炊いてフリーズドライの親子丼といわし缶詰。
他に2つ缶詰を持っていってたけど、お腹いっぱいになって、食後すぐ就寝w

22時ごろに目が覚めて空を見上げてみると、ぼんやり月が出て雲が早く流れているようでした。
やはり星空の写真が撮りたいので今度は2時に起きてみたら星が出てました。
明るい月と共に・・・。

一応撮ってみたけど、意外と雲も多く満天には程遠い空でした。残念。


2日目。
朝はいい天気。テンション上がります!
テントをたたんで小屋前の急登から天狗岳を目指して歩き始めます。

東天狗岳は山そのものが天狗が上を向いているような形をしているのが天狗岳の由来だとか。
まぁ見れば納得です。

あそこに登れば南八ヶ岳方面が一気に見渡せるかも!と思ってがんばったんですが、登頂したころにはガスの中。。。ツイてない。。。
西天狗頂上も同じようにガスに包まれてました。

晴れることを期待しつつ唐沢鉱泉方面に尾根づたいに下ります。
ここ、地図上のコースタイムだと西天狗~唐沢鉱泉が115分、約2時間なわけですが、実際歩いてみると長い!
大きい岩と狭い登山道ということもあったためか3時間も掛かってしまいました。
しかも結局晴れず、展望無しの歩きにくい道なので心が折れます。

テントはそのまま空身で天狗往復して、黒百合ヒュッテ~直接渋の湯に向かったほうが楽だったかもしれません。

ゴール地点の渋の湯には渋御殿湯と渋の湯の2つの旅館があり、バスのチケットは渋御殿湯で買えと書いてあったので渋御殿湯に入ろうとしたんですが、「登山者の荷物は外に置いてください」とのこと。
なんだか登山者にやさしくないので渋の湯に入りましたが、商売っ気無さすぎでビックリしました。

建物はゆがんで、ドアも引き戸も完全に閉まりませんw
がっつり源泉なのにシャワーもないお風呂w
シャンプーや椅子はあるけど壁に向かって座っても蛇口がないので、どうせ貸切状態だし風呂場のど真ん中で源泉で洗いましたw
出た後、たぶん相当硫黄臭かったと思いますw


今回はあえてのんびり歩こうと思ってましたが、やはり2泊3日にしてもう少し長く歩きたかったです。
天気が残念でコース的にも失敗したかな。
この時期に朝の気温11度だったので涼しく過ごせたのはよかったですね。

9月の連休には北穂高に登る予定ですが、その前にもう1発どっか登りたい。
天気と相談でw





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://delicogpl.blog8.fc2.com/tb.php/581-49b95d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。