北岳・間ノ岳

北岳・間ノ岳 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アルプスデビューです!
国内標高ランキング2位と4位を制覇してきました!
平日のほうが空いてるのでお盆休みをここまで引っ張って、ようやくその時が来たんですが、台風も来ちゃったので一日ずらし金曜土曜で行きました。
富士山以外では3000m越えは初だったのでワクワクしっぱなしと同時に、標高差も1600m以上という富士山よりも高いので不安もいっぱい。

南アルプスはマイカー規制のため芦安という温泉街にクルマを止め、バスか乗合タクシーで登山口の広河原まで行くんですが、平日はバスの運行時間が遅めなので乗合タクシーで行きます。
この時すでに周りは自分の親世代くらいの方々ばかりだったので、この人たちが登れるんなら余裕でしょと考えるように。
この乗合タクシーはかなり飛ばすというネット情報を仕入れていたんですが、思ったほどでもなくネタにはならないようです。
そうこうしてるうちに登山口の広河原に到着。



吊り橋を渡っていよいよ登山開始です。

まずは大樺沢という沢づたいに登ります。
ところどころ湧き水の流れるところを渡りながら進みます。水はハンパなく冷たいです!
森を抜けてルートの別れ道である二俣の到着すると、上のほうに雪渓が見えます。7月くらいならもっと下から一面雪渓のようですが、夏も越え9月に入ってもまだしぶとく残ってました。せっかくなので南アルプスの天然水の素を触っておきます。

雪渓を過ぎた頃からバテてきましたw
八本歯のコルまでのハシゴの急登はきつかった?。が、振り向くと鳳凰三山や八ヶ岳も見えてきました。
俄然テンションは上がります。

八本歯のコルですでに景色は開けて雲の上です。甲斐駒ケ岳も見えてきました。明日目指す間ノ岳もドドーンとそびえ立って素晴らしい!

そこから少し登ると富士山もキター!!
近いから見えるとわかってるけど、なんだろうなこの嬉しさはw
どこの山を登ってもまず富士山を探します。見えれば嬉しいし、ガスってて見えなかったりすると凹みます。
なにはともあれ雲海の上に見える富士山は最高です!

吊尾根分岐で間ノ岳との稜線にでるので西側も見えるようになります。
中央アルプス・木曽駒ケ岳・御岳方面でしょうか。全部見えます。
案内標識には「山頂20分」よっしゃー!も少しがんばろう!

この案内標識、山によっては距離表記だったり何も書いてなかったりしますが、時間表記はありがたいですね。個人でペースが違うので一概にその表記されてる時間とは限りませんが、自分の場合、だいたい表記時間を上回ることが多いので「山と高原地図(昭文社)」表記されてるコースタイムと同じくらいみたいっすな。各ポイント毎に地図を開くわけじゃないので時間表記は助かります。やはり知りたいのは距離ではなく時間。

残り20分からはキツくても「あと20分足を動かせば頂上」と考えながら登ると楽です。それが「あと1時間」とかだとキツいんですがw
そして無残に倒された旧頂上(3192m)の向うに頂上のシンボルがあああ!

祝!国内第2峰北岳3193m登頂!!
景色は360度大パノラマです。富士山・鳳凰三山・甲斐駒・仙丈ケ岳・秩父連山・八ヶ岳(その向うは浅間山?)・北アルプス穂高連峰・槍ヶ岳・御岳・木曽駒・中央アルプス・間ノ岳・農鳥岳・南アルプス。全部丸見え。天気サイコー気分もサイコー!

ちょうど12時頃に登頂して時間もあるので1時間くらいマッタリして、のんびり北岳山荘に向かいます。いやぁいつも日帰り登山ばっかなので途中で泊まれるって、ホントに気分が楽。
夕食も山荘の食事にしてはなかなかいいんじゃないでしょうか。とにかく米をガッツリ食ってビール飲んで、明日に備えて寝ます!

早朝3時に出発。必要なものだけ背負えるビニール巾着に入れ、暗闇の中、間ノ岳を目指します。
昨日夕方はガスってたので心配でしたが、空は天然のプラネタリウム。天の川ってホントにあるんだな?って感じです。残念なのが、せっかく撮った夜空写真が半分くらいピントが合ってなかった(∞にするの忘れた)。もったいない。北岳越しの北斗七星なんかよかったんだけどなぁ。

間ノ岳には日の出5分前に到着。山荘からここまで何度かアップダウンがあったけど、道を間違えないように目印だけ見つけながら歩いてたらキツくもなく、あっという間に到着しました。
ここでご来光を見る人は自分以外にいないので、山頂独り占め!!
でも西側から吹き上げる風が強くて体感温度はかなり低いです。長袖と半袖の速乾Tシャツの上にダウンとウインドブレーカを着てちょうどいいくらい。ダウン持ってきてよかった?。

ここでトラブルが。
記念撮影の為、三脚で立ててたカメラが強風でぶっ倒れます!ゲッ!
危ないから低めに立ててたのに・・・。幸いカメラ本体とレンズフードにキズが付いた程度で助かりました。
そんなことがあってもご来光と共に写真撮りまくり。雲海。朝日を浴びる各山々。すげー!!!

戻りのルートで山荘でご来光を迎えた方々とすれ違います。独り占めできてよかった。
行きは気づかなかったけど結構絶壁のところを歩いてたんだなw

山荘でザックを詰め直し、再び北岳山頂に向かいます。
頂上は昨日昼に見た景色より空気が澄んでいるのか、さらに遠くまで見えてるような気がします。槍穂までクッキリ。
山荘の朝食はキャンセルしてたので、ここでラーメンで腹ごしらえ。
さーて満喫したし、下るか!

下りは勢いです。
白根御池小屋まで約2時間ノンストップで下りましたがキツイなこれ。テント装備を担いでる人にもすれ違いましたが、この人たち凄いな。次回からテント泊を予定してるので、今回はすれ違う人のパッキングとかを見てました。自分にこんな荷物を持って山を登れるんだろうか?

白根御池小屋から広河原までもかなり急です。下りきったときの満足感ときたらw
ここんとこ毎週どこかの山に登ってるけど、ここの下りだけでモモとスネが痛くなった。久々の感覚。ちょっと勢い付きすぎたねw


アルプスデビューは好天に恵まれ最高の二日間になりました。
まだ冬山までは期間があるので、今年中にテント泊でどこか行きたいと思います。





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://delicogpl.blog8.fc2.com/tb.php/569-af68c025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。