ステアスイッチ第二弾の問題の解決

ステアスイッチ第二弾の問題の解決 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

WinXPではコントローラIDは変更できない仕様だそうです。
抜き挿しが面倒なのでこのコントローラの有効/無効ができるバッチファイルを作って対応。
DevConというユーティリティでできるそうです。
DevCon.exeを展開したらi386(WinXP32bitの場合)フォルダ内にバッチファイルを置き、実行すればOK。

・バッチファイルの作り方(今回の場合)
コンパネ>ゲームコントローラを見ながら、デバマネ>ヒューマンインターフェイスデバイス>USBヒューマンインターフェイスデバイスの[全般]タブで有効/無効してみて確認する。
該当のデバイスがあったら[詳細]タブ>ハードウェアID(今回はUSB\Vid040b&Pid_6532&Rev_0102)を確認。
メモ帳を開き、

devcon.exe disable "USB\Vid_040B&Pid_6532&Rev_0102"
pause

これを「無効.bat」とでもして、上記i386フォルダに置く。
有効のはdisableがenableなるだけ。
ともにショートカットを作り、デスクトップにでも置いておけばクリックで有効/無効ができます。

とりあえずこんなんで対応させときます。
前作ったときのコントローラ基盤を使えばよかったんだけど、ケーブルと基盤を離したらどこがどこだかわからなくなって、記憶を元に繋いでみてもうまく動作しなくなっちゃったので、サヨナラしましたw
ちなみに今回使った基盤はエレコムJC-U1512TWHです。アキバの東映で280円でした。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://delicogpl.blog8.fc2.com/tb.php/308-216874ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。